1. TOP>
  2. 施工事例>
  3. 外装リフォーム>
  4. 八尾市 M様邸 物置小屋屋根カバールーフ工法工事

外装リフォーム

八尾市 M様邸 物置小屋屋根カバールーフ工法工事工期:1日間

M様から物置小屋屋根から若干の雨漏りが発生しているとのお話が有り現場確認をした所、屋根(スレート)部分に破損ヶ所が有り、そこから雨漏りを確認。
以前でしたら屋根スレート撤去・廃棄処理が必要でしたが、近年既存スレート屋根上からのカバー工法が確立されだし、既存スレート撤去・廃棄等が必要無くなり簡易に施工ができるようになりました。
【廃棄処理・施工代の面からも従来より約1/2程コストカットでき作業時間も大幅に短縮されこれからの新しい工法とも言えます】

1.カバールーフ工法施工前
右矢印
2.カバールーフ役物(板金)作業完了
3.カバールーフ取付完了
右矢印
4.カバールーフ役物(板金)取付完了
5.物置小屋カバールーフ施工完了
右矢印
6.カバールーフ施工完了後ビス取付確認
7.カバールーフ施工後全体検査・確認
右矢印
8.カバールーフ施工後全体検査・確認